ビジネス英会話

日本の企業の中にも、社内の公用語を英語にする、食堂のメニュー表記をすべて英語にする、などの取り組みを導入するところが増えてきています。
そう、グローバル社会においては、英会話力がビジネスの成功のための鍵となっていることが多くなっているのです。

外資系企業に限らず、仕事で英語を使う機会は確実に増えてきています。
そんなときに英会話がままならないようじゃ、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことになりかねません。
というわけで、ビジネス用の英会話を身につけることは、今の時代非常に大切なことと言っていいでしょう。今必要ない人にとっても、いつ必要になってくるかは分かりません。

しかし、ビジネス英会話を習得するには、いろいろな面においてコツが必要となりますし、問題も発生してきます。
たとえば、英語力を鍛えるために英会話教室に通うとしましょう。しかし、ろくに下調べもせずに教室を利用して勉強した気になっても、ビジネス英会話が身についていることはほとんどありません。
日常会話で使う英語とビジネスシーンで使う英語はかなり違うからです。
これは何も英語に限ったことではなく、日本語でも同じですよね。日常用、仕事用、というふうに我々は無意識のうちに言葉の使い方を分けていますが、冷静に比較してみるとかなり違った表現・単語を使っていることが分かるかと思います。

イチ押しリンク

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし